基調講演,教育講演,シンポジウム,特別企画,交流集会,ランチョンセミナーの方

  • 各プログラム開始時間60分前までに1階ロビー演者受付にお越しください。
  • 演者受付にてご使用になるスライド用のファイルをご提出ください。受付可能なメディアはUSBフラッシュメモリーに限ります。必ずバックアップをご持参ください。
  • 発表の際には、学術集会事務局が準備したパソコン(PC)を使用していただきます。
  • PCのOSはWindows7、ソフトウェアはWindows版PowerPointです。 念のためPowerPoint 97-2003 形式のファイル (.ppt)でご準備下さい。Macは使用できません。
  • シンポジスト・特別企画パネリストの方々は、プログラムの打ち合わせが御座いますので、指定の時間までに受付にお越しください。
  • 交流集会の演者の方は、必要物品をご持参ください。PC・プロジェクターは用意します。なお、会場内にコピー機はありません。

座長の方

  • 1階ロビー演者受付にお越しください
  • 担当群の開始時間10分前までに次座長席に着席してください。
  • 1演題10分(口演7分、質疑応答3分)です。時間厳守でお願いします。なお、1分前と終了時にお知らせします。
  • 発表者が欠席の場合は、繰り上げて発表を進行してください。

 


一般演題(口演)発表者の方

  1. 発表ファイルの作成
    • 発表の際には、学術集会事務局が準備したパソコン(PC)を使用していただきます。
    • PCのOSはWindows7、ソフトウェアはWindows版PowerPointです。
    • 念のためPowerPoint 97-2003 形式のファイル (.ppt)でご準備下さい。
    • Macは使用できません。
    • 受付可能なメディアはUSBフラッシュメモリーに限ります。必ずバックアップをご持参ください。
    • 発表に使用するデータのファイル名は「演題番号(半角)-氏名(漢字)」としてください。
  2. 発表ファイルの受付(データ受付)
    • 発表当日に、発表群開始の1時間前までに1階ロビー演者受付にお越しください。設置したPCで動作確認を行ってください。データはPCに保存していただきます。
    • 受付で保存したデータは、学術集会終了後に事務局の責任のもとで消去します。
  3. 発表方法
    • 発表群の開始10分前に、発表会場の次演者席の近くに着席してください。
    • 念のため、発表ファイル(データ)を保存したUSBフラッシュメモリーを持参してください。
    • セッション開始までに、氏名・演題名について、座長との確認を済ませてください。
    • 口演の発表時間は1演題10分(口演7分、質疑応答3分)です。時間厳守でお願いします。なお、1分前と終了時にお知らせします。
    • スライド操作は発表者ご自身で行ってください。
    • 会場での資料配布はご遠慮ください。
    • 発表者の交代がある場合は、発表ファイルの受付時にお申し出いただき、発表の冒頭でその旨をお話しください。
    • 発表者の欠席が生じた場合は、時間を繰り上げて進行します。
  4. 発表取り消し
    • 当日、発表時刻に発表者が不在の場合は、発表取り消しとします。

 


一般演題(示説)発表者の方

  1. ポスター作成
    • 1演題あたり、縦180㎝×横90㎝(内寸)のパネルを準備します。演題番号(20㎝×20㎝)と掲示用ピンを準備します。
    • 下の余白部分を除く、縦160cm×横90cmのサイズ内に収まるようにポスターの作成をお願いいたします。
    • 演題番号は学術集会事務局が準備し、パネル左上部に事前に表示しておきます。
    • 演題名、所属・氏名、発表内容のポスターはご準備下さい。
  2. ポスターの貼付・撤去
    • ポスターの貼付・撤去時間は以下の通りです。
    • 貼り付け時間:9月8日(土)・9月9日(日)とも10:00〜
    • ポスター貼付用画鋲は、会場内に用意します。
    • 撤去時間:9月8日(土)17:30〜・9月9日(日)14:30〜
    • 撤去終了時間を過ぎても未撤収のポスターは学術集会事務局で処分します。処分のための負担にご配慮いただき、責任を持って撤収してください。
  1. 発表方法
    • 発表者は、発表群の開始時間から終了時間までの間、ポスター前に待機をしてください。
    • 座長はおりませんので、発表時間になりましたら自由に討論を行ってください。
  2. 発表取り消し
    • 指定時間内にポスター掲示のない場合や発表時刻に発表者が不在の場合は、発表取り消しとします。